誤植.JP
Welcome Guest 
メインメニュー
検索
お問い合わせ
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

首都崩壊

この書名・誌名の投稿一覧へ

なし 首都崩壊

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/3/28 15:00
nande3  一人前   投稿数: 126
ISBN:978-4-344-02537-0
著者:高嶋 哲夫(たかしま てつお)
発行:2014年3月30日 第4刷

<誤植というより校正ミス? 意図的なミス?>

◎16ページ 20行目◎
誤「政権が替わり、新しい経済政策により円安…」
正「政権が代わり、新しい経済政策により円安…」

 難しいのですが、「年度替り」や「組織替え」のように、「前のも
 のをやめて別の物事をする、新しいものにする」のではなく、「社
 長が代わる」のように「代理、代表、交代」の意で[代わる]になる
 のではないかと考えます。(新聞用字用語集の説明から)

 27ページに「違うのはスニーカーがサンダルに替わったことだけ
 だ。」という文章があります。こちらの[替わる]が正しい使い方
 でしょう。

◎33ページ 16行目◎
誤「こんなレポートがマスコミに漏れれば、国民は東京から逃げ出す。
  おまけに外資は日本から引き上げる。」
正「こんなレポートがマスコミに漏れれば、国民は東京から逃げ出す。
  おまけに外資は日本から引き揚げる。」

◎150ページ 20行目◎
誤「相手の質問を聞いているときや間合いを測るときなど…」
正「相手の質問を聞いているときや間合いを計るときなど…」

 名詞[間合い]は、「ほどよい間隔」という意味で実際の距離のほか「こ
 ろあい、時機、おり」という意味もあります。

 この文章は、実際の距離を[測る]のではなく、「チャンスを窺う」とい
 う意味になりますので、[計る]に。

◎189ページ 3行目◎
誤「…日本の債務の額は軌道を超えています。」
正「…日本の債務の額は軌道を越えています。」

 難しい表現です。[軌道]の意味するところ。「電車・列車を走らせる
 ための線路」という文字通りの意味か、「物事が進行していく道筋」と
 いう抽象的な意味か。判断がつきません。

 「制限量」ととらえるなら[超える]になりますが、「債務に制限量はあ
 るのか」という問題になります。[債務超過]は「債務者の負債の総額が
 資産の総額を超える状態。つまり、資産をすべて売却しても、負債を返
 済しきれない状態」のことですから[超える」を使うのですが…。

 「柵・ハードル・ピーク・ラインを越える」というように比喩的に使っ
 ているなら[越える]になるでしょう。

 291ページに「官僚もある年齢を超えると、退官後のことしか頭にない
 者も多いがね」という文章があります。この[超える]もしかり。
 「平均寿命が七十五歳を超える」という「基準を上回る」意味の[超え
 る]ではなく、「ある時点や物の上・時期を越えて先に行く」という意
 味で、「六十の坂を越す」と同じ[越える]を使うところでしょう。



投票数:0 平均点:0.00

投稿ツリー

  条件検索へ


誤植.JP