誤植.JP
Welcome Guest 
メインメニュー
検索
お問い合わせ
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

疾駆する夢 <下>

この書名・誌名の投稿一覧へ

なし 疾駆する夢 <下>

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2014/12/27 12:45
nande3  一人前   投稿数: 126
ISBN:4-09-408092-9
著者:佐々木 譲(ささき じょう)
発行:2006年7月1日 初版第1刷発行(小学館文庫)

2002年11月に小学館から単行本として刊行、文庫化
にあたり、上下二分冊とした。

古い本を掘り出して読みました。改訂版では修正・訂正されている
かもしれません。

95ページに「先に汚い真似をされたのはわたしだ。倍返しだよ」の
台詞がありました。(2013年のユーキャン新語・流行語大賞を受賞
した「倍返しだ」を井戸潤の『半沢直樹シリーズ』より早い刊行の
本で取り上げていて、興味深いです)

<誤植というより校正ミス? 意図的なミス?>

◎23ページ 6行目◎
誤「第一回目は、事情がなにもわからない状態での参加だった。」
正「一回目は、事情がなにもわからない状態での参加だった。」

 順序を表す接頭語の[第]と接尾語の[目]は、同時につきません。
 「第一回」か「一回目」に。

 同じ23ページの1行目と3行目に「去年が二回目で…」「今年は三
 回目…」という文章がありますので、ここは「一回目」がよろし
 いかと。

◎129ページ 10行目ほか◎
誤「…ジャーナリストが手を上げて質問した。」
正「…ジャーナリストが手を挙げて質問した。」

 664ページは、「別の記者が手を挙げた。」と正しい用法です。

◎217ページ 9行目◎
誤「…多門自動車の期待に添うものになるかどうかは…」
正「…多門自動車の期待に沿うものになるかどうかは…」

◎254ページ 6行目◎
誤「…多門は駐車場へと答案かった。」
正「…多門は駐車場へと向かった。?」

 「試験・試問に対する答え。また、それの書かれた用紙」という
 意味しか[答案]にはないと思います。

 誤変換でもなさそうです。誤植でもなく、単なる間違い・ミスで
 しょうか。



投票数:0 平均点:0.00

投稿ツリー

  条件検索へ


誤植.JP