誤植.JP
Welcome Guest 
メインメニュー
検索
お問い合わせ
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

高速の罠 アナザーフェイス6

  • この出版社に新しい報告を立てることはできません
  • この出版社ではゲスト投稿が禁止されています
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2016/9/14 16:06
nande3  一人前   投稿数: 128
ISBN:978-4-16-790312-1
著者:堂場 瞬一(どうば しゅんいち)
発行:2015年3月10日 第1刷(文春文庫)

「アナザーフェイス」シリーズの第6弾、文庫書き下ろし


<誤植というより校正ミス? 意図的なミス?>

◎38ページ 10行目◎
誤「誰が指揮をとるかは分からないが…」
正「誰が指揮を執るかは分からないが…」
◎92ページ 16行目◎
誤「捜査全体の指揮を取る深井は…」
正「捜査全体の指揮を執る深井は…」

 427ページは「直接捜査の指揮を執られたわけでもないでしょう」
 と正しい漢字表記です。

 平仮名でもいいのですが、[取る]は間違った使い方です。正しい
 漢字で統一を。

◎93ページ 10行ほか◎
誤「国道一四〇号線――彩甲斐街道と呼ぶらしい――に面しているが…」
正「国道一四〇号――彩甲斐街道と呼ぶらしい――に面しているが…」

 一般的な呼称「国道○○号線」ではなく、正式な国道番号「○○号」に
 したほうがよろしいかと。

◎145ページ 1行目ほか◎
誤「…の一言で、村上は引き上げた。」
正「…の一言で、村上は引き揚げた。」

◎212ページ 3行目◎
誤「後から後悔しないためには、賢者の言葉には耳を傾けないと」
正「○○○後悔しないためには、賢者の言葉には耳を傾けないと」

 「後から後悔する」は重複表現に当たるのではないかと考えます。
 「あとになって以前の自分の言動を悔やむこと」が[後悔]の意。

 「後から」を省くか、「後から…」とは別の表現、「同じような場面
 に遭遇したとき後悔しないためには…」などがいいと思うのです
 が…。

◎213ページ 7行目◎
誤「…丸一日を休養に当て、万全の態勢で出勤することにしよう」
正「…丸一日を休養に充て、万全の態勢で出勤することにしよう」

◎241ページ 6行目◎
誤「…自分で手を上げればいいとは分かっている。」
正「…自分で手を挙げればいいとは分かっている。」 

 微妙な表現ですが、意味からすると[手を挙げる](挙手)になると
 考えます。

◎302ページ 13行目◎
誤「…柔らかい春の陽射しが差しこんで…」
正「…柔らかい春の陽が差し込んで…」

 「陽射しが差す」は重言、重複表現になると考えます。
 [日射し・ 陽射し]は「日光がさすこと。また、その光線。日の
 照りぐあい」ですので。

 240ページの文章「…壇上に立って説明を始めた」も重言気味です
 が許容範囲でしょうか。「壇上で説明を始めた」「登壇し…」「演壇に
 登る」などの表現もあることですし…。

◎327ページ 1行目◎
誤「犯罪者でも取る…」
正「犯罪者でも採る…」

◎327ページ 13行目◎
誤「…個人的なつき合いがあまりなかったようです。」
正「…個人的な付き合いがあまりなかったようです。」 

 細かいことですが、気になります。次の行に「人付き合いが悪かった」
 という文章があることですから、漢字表記[付き合う]で統一したほうが
 よろしいでしょう。
投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ


誤植.JP