誤植.JP
Welcome Guest 
メインメニュー
検索
お問い合わせ
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

朽ちないサクラ

  • この出版社に新しい報告を立てることはできません
  • この出版社ではゲスト投稿が禁止されています
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2016/7/18 0:06 | 最終変更
nande3  一人前   投稿数: 128
ISBN:978-4-19-863905-1
著者:柚月 裕子(ゆづき ゆうこ)
発行:2015年2月28日 第一刷


<誤植というより校正ミス? 意図的なミス?>

◎5ページ 5行目◎
誤「…今しがた置いたばかりの受話器を急いであげた。」
正「…今しがた置いたばかりの受話器を急いで上げた。」

 間違いではありませんが、漢字で書くなら「取り上げる」の意味で
 「上げる」になるのではないでしょうか。

 この本は「あ(上、挙、揚)げる」の表記がバラバラで使い方も間違っ
 ています。「付き合い」「つきあい」も出てきます。

 13ページ9行目には「…面倒そうに受話器を上げた。」とあり、次行
 は「…電話の受話器をあげた。」となっています。校正はどうなって
 いるのでしょうね。

◎15ページ 4行目ほか◎
誤「…広報課宛てのメールフォルダを開いた。」
正「…広報課宛のメールフォルダを開いた。」

 接尾語ですので[宛]に。

◎38ページ 14行目◎
誤「川で上がった遺体が…」
正「川で揚がった遺体が…」

 漢字で書くなら、「水死体の引き揚げ」(新聞用字用語集から)の[揚]
 を使うところでしょうか。

 58ページにある「遺体を引き上げて調べたところ…」は微妙。ピック
 アップの意味もありそうですが、ここは「元の所に戻す」意で「(水死
 体を)引き揚げる」のほうがよろしいかと。

◎80ページ 17行目◎
誤「…署員の慰安旅行やリクリエーションに関する詳細は外部に…」
正「…署員の慰安旅行やレクリエーションに関する詳細は外部に…」

 外来語表記は難しいのですが…[レクリエーション]でしょうね。

 略して「高齢者レク」などと言いますが、「高齢者リク」だと、もはや
 意味が分からないほど[レクリエーション]は定着しています。

◎81ページ 15行目◎
誤「千歳空港の構内にある土産屋で、一番人気の菓子を買った。」
正「?」

 私の読み違えかもしれませんが…。有名なチョコレート・クッキーを
 買った場所が疑問。

 28ページに「札幌に新しくできた店の菓子で…」との説明があります。
 「マルセイバターサンド」か「白い恋人」を想像させる文章なのです
 が、両方とも「札幌に古くからある店舗で」売っていますし、空港でも
 買うことができましょう。

◎163ページ 7行目◎
誤「どうかお気づかいなく、と気遣う泉に、治夫は笑みを浮かべようと
   した。」
正「?」

 ここも、間違いではありません。が、「お気づかいなく、と気遣 う」?

◎180ページ 9行目◎
誤「富樫(課長)は昼食を済ませると、いつも庁舎一階の外にある喫煙所で
   煙草を吹かす。」
正「?」

 ここも疑問符のつく文章です。あとのページでもこの喫煙所はたびたび
 登場するのですが…113ページに「庁舎内の喫煙所は、一階の庁舎裏か
 屋上かの、二箇所しかない。富樫はいつも屋上を使っていた。」という
 説明があります。矛盾。

◎291ページ 9行目◎
誤「富樫は内心を計るかのように泉の目を覗き込むと…」
正「富樫は内心を測(量)るかのように泉の目を覗き込むと…」

 意味としては、「推測」の[測る]か「推量」の[量る]になるでしょう。
 「推し量る」「真意を測る」「心底を測りかねる」(新聞用字用語集から)
 の使い方です。[計る]は、「計算、計画」の意。

◎302ページ 8行目◎
誤「課長も…ご存知のはずです」
正「課長も…ご存じのはずです」

 48ページでは「…どうしてご存じなんですか」と正しく使っています。
 校正が機能していない、と感じます。
 
投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ


誤植.JP